SNSに潜む危険!?プライバシーを守って正しく使おう!

SNSの使い方に気を付けよう!

SNSは便利ですが、プライバシーの侵害などの被害に遭うことがあります。一番多いのは、個人的に呟いたことやコメントから個人情報が知れ渡ってしまうことです。本人は何気なくつぶやいたことでも個人が特定されてしまうこともあります。最近ではアンチや誹謗中傷などの心無い言葉で傷つけらることも多いです。人のプライバシーに干渉する行為や個人情報に関わることは書かないようにしましょう。これらは自分を守るために大事なことです。

芸能人のプライバシーを侵害しないこと!

SNSで一番問題となっているのは写真が原因による炎上やプライバシーの侵害です。アルバイトの不祥事や芸能人のプライベートを許可なく上げることなどが当てはまります。個人のプライバシーを侵害しないことはSNSでは当たり前のことですが、芸能人に会えた喜びでついアップしてしまいがちです。もし芸能人に会ったら「SNSにあげてもいいですか?」などと許可を取るようにしましょう。また友達のことをつぶやく場合も同じく許可を取ってください。いくら親しい間柄でもプライバシーを守らないと友情関係にひびが入ります。一緒に写っている写真をあげたり名前を書くこともプライバシーを脅かす危険があります。十分に注意してください。

アップロードする前に確認しよう!

写真を上げる時は一緒に写っている物、人物、場所など個人が特定されないかどうか確認してからあげてください。アップロード時に確認するくせを付けることもプライバシーを守るために大事なことです。そして写真や動画を撮るときはスマートフォンのGPS機能をオフにしてください。写真に残る位置情報から居場所を特定されることも多く発生しています。自分の安全を確保して楽しくSNSを活用してください。

シュレッダーは紙を通すだけで細かく裁断できるので、文字並びの判別もできなくなり重要書類の処分方法として最も効果的です。