しっかりと情報を伝えるために!ポスターをデザインするときのポイント

ポスターに載せる要素の大きさを変える

ポスターには複数の文章や写真が載せられているのが普通ですが、それぞれの要素の大きさに違いをつけることが見やすいポスターにするポイントの一つです。ポスターを見る人は当然、文字や写真を一気にまとめて見るのではなく一つずつ順番に見ていきます。そこで、重要度の高いものほど大きくし、重要度が低いものほど小さくすることで、目線の誘導をスムーズに行うことができます。

余白をコントロールする

ポスターで情報を確実に伝えるためには、意図して余白をコントロールすることも重要です。基本的には文字などの要素の周りに余白が多くあるほど、その要素は目立ちやすくなります。そのため、一番注目してもらいたいキャッチコピーなどの要素の周りには十分な余白を設けることが重要になります。

情報をグループに分ける

それぞれの要素は、関連するもの同士でグループ分けすると見やすいポスターになります。たとえばイベント開催のポスターであれば、開催場所や開催日時を一つの場所にまとめたり、イベントの様子とキャッチコピーを近づけて配置したりします。

要素を一つの軸に揃える

ポスターでは意図してランダムに要素を配置する場合もありますが、基本的には文字などの要素は共通の軸で揃えることで、整然とした印象を見る人に与えることができます。揃える軸には左、真ん中、右の3つがあります。日本語は横書きの場合には左から読み始めるので、左揃えが文字の可読性は一番高いです。一方、真ん中揃えは軸を中心にして左右対称になるため安定感が出ます。右揃えは一味違う印象を与えることができますが、長い文章の場合は可読性が低くなるため注意が必要です。

激安コピー印刷をしたいなら、専門の印刷業者に依頼をするという方法があります。業者に依頼をする場合は100枚など多い枚数の印刷を注文する必要があります。