速やかな対応が大切!iPhone修理でも重篤度の高い水没復旧

修理の中でも手間も時間もかかる水没復旧

水没はiPhoneの故障原因の中でも、重篤度の高い故障の1つです。水没してしまうと内部の基板を駄目にしてしまうことが多い為、内部清掃から基板修理、交換まで様々な処置を施さなければなりません。その為、iPhone修理のメニューの中でも、処置にかかる時間は長時間に渡り、時間を要するのが一般的です。

近年のモデルは防水機能が搭載されてきており、水没で修理に持ち込む人の数こそ減りましたが、それでも、完全な防水ではないので水没で故障する可能性はありますし、防水機能を搭載していない旧モデルを使用している方は特に水没には注意が必要です。万が一、水没してしまった際の対応方法はしっかりと押さえておきましょう。

水没時は速やかな対応が大切

iPhoneを水没させてしまった際には、速やかに修理窓口に持ち込むのが賢明です。自力で分解をして拭き取りをしたり、ドライヤーなどで乾かしてしまったりすると、基板を傷めてしまったり、水没とは関係ない箇所の故障を誘発してしまうことになりかねません。焦る気持ちはあるかと思いますが、冷静に速やかに修理窓口に相談をしましょう。

幸いにもiPhoneの修理窓口は全国各地にあるので、自宅の周辺はもちろん、勤務先の周辺など様々なところに立地しています。都市部であれば、駅前の雑居ビルなどに入っていますし、郊外部であれば、ショッピングセンターの中などにも立地をしているので、身近な場所で利用が可能です。水没は放置しても、症状が良くなるという保証が無いので、内部に大切なデータなどがある場合には速やかに相談をしましょう。

キャリアの補償やメーカーの保証が無くても、街の修理店に依頼すれば格安でiPhone修理をしてくれます。安いだけではなく、速いというメリットもあります。