ブログ形式ではないホームページに更新情報を掲載するには

HTMLを利用してリンクを書き加えていく

ホームページにとって大事なものとして更新情報が挙げられます。ブログであれば更新したページはトップページの一番上に置かれるのでわかりやすいですが、ブログ形式ではない場合、更新情報を掲載しないとどのページを更新したのか閲覧者に伝わりません。そのため、せっかく頑張ってコンテンツを作ったのに、誰にもアクセスしてもらえないといったことが起こりえるのです。では、更新情報を含めたホームページを作るためにはどうすればいいのでしょうか。まず、トップページの特定スペースに手動でリンクを書き入れていくという方法が挙げられます。HTMLとCSSのみで作る静的サイトであれば、この方法が基本となるでしょう。更新するたび、トップページに更新したページのリンクを加えていかなければならないので大変ですが、更新ペースがそれほど頻繁でないなら問題ないはずです。

プログラムを用いるとフィードの発信が可能に

ホームページ制作の初心者には少し難しいかもしれませんが、更新情報を掲載するためのプログラムをHTMLに組み込む方法もあります。プログラムを使うといっても、更新情報の記入自体は人間が行わなければなりません。しかし、プログラムを用いることで書き入れた更新情報をフィードとして発信することが可能になるのです。閲覧者がそのフィードを「フィードリーダー」と呼ばれるソフトに登録すると、わざわざサイトにアクセスしなくても更新されたか否かをリアルタイムで確認できるようになるので、閲覧者にとってはとても便利になり喜ばれるでしょう。

ホームページ作成の基本はHTMLです。英会話のスキルのように専門性は高い分野ではありますが、この頃はアマチュア向けの分かりやすいマニュアルがあり、充分に独学でスキルアップが目指せます。