マーケティングオートメーションのメリットデメリットとは

マーケティングオートメーションとはそもそも何?

マーケティングオートメーションとは、メール、SNS、 ウェブサイトなど、本来マーケターの手によって施行されてきたマーケティングを自動化するシステムです。今まで手作業でやってきたこと自動化することによって、マーケティング担当者の仕事の効率は飛躍的にアップします。

マーケティングオートメーションのメリットとは

マーケティングオートメーションのメリットの1つに、「人件費の削減」が期待できるというものがあります。マーケティングオートメーションを導入することにより、多くの作業を自動化することができます。それにより膨大な作業量を瞬間的に完了することができれば、必要最低限の人員配置で仕事を回すことができるのです。マーケティングオートメーションで繰り返し作業や面倒な単純作業をシステムに任せることにより、人件費の削減が期待できるでしょう。また、マーケティングオートメーションでは「ミスを減らすことができる」というメリットもあります。どんなに気をつけていても、人間ならば誰でもミスを起こします。メルマガ配信などを機械に任せることで、メールの宛先入力ミスや添付ファイルミスなどのメール誤送信を防ぐことができるでしょう。

マーケティングオートメーションのデメリットとは

とても便利なマーケティングオートメーションですが、中にはデメリットも。当たり前ですが、マーケティングオートメーションをツールとして導入するにはコストがかかります。マーケティングオートメーションを導入することにより、場合によっては費用対効果が小さくなってしまうこともあるので、導入する際はツール選びを慎重に行わなければなりません。会社の規模によっては、マーケティングオートメーションの導入が必ずしも必要というわけにはならないようです。

マーケティングオートメーションは、各個人のパソコンやスマートフォンのオンライン状況からの検索、インスタグラムやツイッターなどの投稿により情報を収集出来る機能です。